平成29年2月24日に大館市消防署にて救命講習を受講しました。

マネキンを使用し,胸骨圧迫とAEDの取り扱いを体験しました。

現在,工事現場でもAEDの導入が推進されています。救助が到着するまでただ待っているのではなく,延命措置を作業員が行うことによって,死亡事故を削減することができる筈です。今回は普通救命講習でしたが,更に上の講習にも参加をする予定です。

back to top button back to top button